2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

無料ブログはココログ

2017年9月 7日 (木)

東北旅行

送迎バスで盛岡駅へ。

各駅停車で金ケ崎駅に到着。

コインロッカーに荷物を預けて、駅にある観光案内所で詳しい地図を入手して出発。

1



2



3

城内諏訪小路 重要伝統的建造物群保存地区を観光する。

岩手のガイドブックにも載ってないような場所なので観光客は少ない。

生け垣や茅葺きの侍住宅が良く残っており、標識もあり良く整備され歩きやすい。
町全体の雰囲気が良い。駅から歩いて観光できるのも良い。


時間的にお昼を食べる時間がなくなりコンビニを探して、駅でサンドイッチを食べて済ます。ここはお勧めだ。

次に世界遺産になった平泉。

金ケ崎で時間を使ったので東京までの新幹線の予約を変更し、コインロッカーに荷物を預け、るんるんバスに乗ってまずは中尊寺へ。

1_2



2_2

急な月見坂を歩いて中尊寺本堂へお参りして、金色堂と讃衛蔵の宝物を見る。
金色堂に安置してある仏像に下の部分が棺桶だとは知らなかった。


Photo_10

また、るんるんバスで毛越寺へ。

ここは本堂以外はほとんど焼失しており、大泉が池と庭園が見所。


駅まで歩いて、駅前の芭蕉館で今日の夕食わんこそば1850円を食べる。
24杯が付いてくる。食べ放題ではない。自分で入れて食べる。 24杯もあればこれで満足。
食べ放題で焦って食べるよりは、この方が落ち着いて食べられる。12杯づつ2回運ばれて来る。

平泉から一ノ関へ出て新幹線で帰って来た。

2017年9月 6日 (水)

東北旅行

ホテルの送迎で鮫駅へ。

八戸へ出て、八戸から新幹線で新青森、また乗り換えて一駅先の青森に到着。
こんな乗り方ができるのも大人の休日俱楽部パスの魅力かな。

Munakata

青森で駅からハイキングに出発。
県庁所在地でもローカルでは見るべきものはなく、最終的に棟方志功記念館500円に入った。
入口の庭園は見事。
各地に太宰治や棟方志功に関わる説明板があったが、他に何もない。


Jr

青森駅のすぐ近くに青函連絡船が保存されている。今回も中を見るだけの時間が無かった。

その近くのA-Styleでガレットのランチ、スパゲティもあり生麺でイワシが乗っており絶品。


新幹線で盛岡に移動。

ホテル送迎の大型バスに乗り約30分。

巨大な森の風鶯宿ホテルにチェックイン。

早速無料で見られるというフラワーガーデンへ。
暑さのせいか花に元気がない、

ホテルの周りに散歩道があり、夏の虫と秋の虫の鳴き声が聞けて気持ちの良い道だった。
夜、照明をしており美しかった。

コーヒーが10時まで無料で飲めたり、風呂上がりにアイスキャンデーやビールを貰えたり、夜は、太鼓、民謡、餅つき、ビンゴなど、辺鄙な場所にあるせいか努力しており評価は高い。

2017年9月 5日 (火)

東北旅行

休暇村の送迎バスではスケジュール的に間に合わないため、予約しておいたタクシーで宮古駅へ。

Photo_4

NHKあまちゃんの三陸鉄道で久慈へ。始発から終点まで乗車。
途中あまちゃんのロケ地に止まったり、復興の橋で止まったり観光列車だった。

久慈の駅で八戸方面JRに乗り換え。
電話でウニ丼弁当1480円を頼んでおいたら駅の中まで入って待っていてくれた。


Photo_5

金浜で下車。
みちのく潮風トレイルを歩き始めるが、どこにも案内掲示板がない。
とりあえずネットで見つけた情報でgoogleのマイマップに落とした地図を頼りに歩く。

浜小屋を見て、その先の高岩展望台へ行こうとすると、やっと標識が出てきた。
その標識を頼りに山の中の細い道を歩くが、種差の近くで標識が消えた。
後で種差インフォメーションセンターで聞くと他の団体が設定した矢印だそうだ。
左の杭がみちのく潮風トレイルの標識。青い矢印は途中で消えた。

ともかくも種差インフォメーションセンターを目指して歩き情報を集める。


Photo_6

種差天然芝生広場でウニ丼のお弁当を食べる。が、インフォメーションセンターの隣のレストランでウニ丼があった。


Photo_7



Photo_8

ここからは良く整備された遊歩道が続く。大須賀海岸で長い砂浜を歩き、葦毛崎展望台に到着。ドライブインでお茶休憩。


ここから先は整備された遊歩道がない。

まずは道路を歩き灯台が見える所から道を探しながら道路を外れるが、背の高さの草の茂った獣道のような所を進み、最後は1mぐらいの土手で二人とも滑った。

Photo_9

そこから道が分からず道路に出たが、やはり入り口の看板は出ていない。
道路沿いに蕪島へ歩く。

蕪島神社は火災に合い工事中。ウミネコも時期外れで全くいない。

蕪島のインフォメーションで標識がなく分かりづらく大変だった話をすると、毎年蕪島から大久喜までは歩いて確認しているが逆コースは歩いてないとのこと。

これでも環境省が定めるロングトレールのコースなのだが。

歩いてバックしお母さんが待っている今夜のお宿八戸シーガルビューホテルに到着。
体育館やテニスコートがあり、体育系の合宿に使われているお宿。

2017年9月 4日 (月)

東北旅行

大人の休日倶楽部パス15000円でJR東日本を乗り放題。
まずは新幹線で盛岡へ。

Photo

バスで鉈屋町へ。ここは奥州街道の町。
転々と保存建物があるが人が住んでいるため手を加えている。
大慈清水、青龍水が珍しい。飲み水、野菜洗い場、洗濯場などの桝があり今でも維持管理されている。

町屋物語館、大慈寺を見た後、歩いて紺屋町に行く。


Photo_2

ガイドブックに載っている、紺屋町の番屋(火の見櫓)、ござ九、盛岡銀行赤レンガ館を見た。

レンガ館は東京駅と同じ建築家が建てたもの。お金を払って中を見たのだが、無料エリアだけでも十分楽しめる。

さほど時間がかからずにバスで盛岡駅に帰ってきた。


駅前のHot jajaでじゃじゃ麺を食べる。なかなか美味しい。汁なしうどんだ。
食べた後に卵を割ってスープを入れてもらうチータンタンもなかなか美味しい。自分でテーブルにある生卵を割ってかき混ぜスープやネギを入れてもらう。
味が薄いのでテーブルにある味噌やコショウで味を整える必要がある。

盛岡の観光が早く終わったので、一本前のバスに乗る。
山田線が一部未だに不通なので、休日俱楽部パスを見せて振替キップを貰い、盛岡から宮古までバスで二時間。

宮古で、休暇村陸中宮古の迎えのバスまで一時間あるので、駅前のステーションカフェでコーヒーを飲む。
やっているのか、いないのか、地元の人のみのような所。ホット450円は高い。

観光案内所で教えてもらった駅の反対側のマックでコーヒーとアップルパイの方が良かった。それでもおつりが来る。


Photo_3

休暇村陸中宮古に着いて直ぐに周りを散歩。
やはり休暇村。この散歩、アップダウンはあったが展望所からの眺めが良かった。

お風呂は人工温泉。露天風呂なし。リニューアルしてないようだが、食事は海の幸満載で満足。

2017年6月15日 (木)

岡山旅行

休暇村蒜山高原の朝の散歩に参加したら我々二人だけ。韓国人のフロント係の人が流暢な日本語で案内してくれた。

Photo_5

高速道路を使って津山に到着。城東観光駐車場に車を停める。

「城東むかし町家」「作州城東屋敷」「箕作阮甫旧宅 (みつくりげんぽ)」を無料で見学し、城東町並み保存地区を散策する。


Photo_6

その後、旧津山藩別邸庭園・衆楽園も無料で見学。
この庭園はよく手入れされて美しい庭園だった。


ガイドブックに載っていたホルモンうどんを考案したという橋野食堂でお昼を食べる。
次から次へとお客が来るし、空港の食堂でも出ていたので、ご当地では名物になっているようだが、やはりホルモン。かみ切れないのは苦手だ。

Photo_7

また高速を使って倉敷駅のそばの駐車場に入れる。

まずは本町通りから東町通りを観光。
思ったより賑やかだが、この通りもなかなか良い雰囲気の街並みだ。
白壁の家々が続くのは、やはり倉敷の風景だ。

その後で、倉敷アイビースクエア、美観地区に行くがここも思ったより人が少なかった。

林源三郎商店でお茶休憩。


Photo_8

そして飛行機は最終便で20:05なので足守に立ち寄るが、到着したのが16:30。

残念ながら見学できる所は全て16:30でクローズ。
ここもほとんど見学無料、つまり公務員で、どこも見学できなかった。

ここも岡山県の町並み保存地区。しかしちょっと電線が邪魔をしている。街並みの写真を撮って終了。

2017年6月14日 (水)

岡山旅行

ANA NH651で岡山空港へ
岡山空港でTimesのデミオを借りる。

Photo

まずは。高梁の備中松山城へ。

ネットに、平日は「ふいご峠の駐車場」に停められると出ていたが、上り口に人がいて入れなかった。
上り口の所の駐車場に車を置いて、シャトルバスでふいご峠Pへ往復400円。

そこから一気に登りで、備中松山城に入る。この時期は、雲海の中の松山城は見られない。


Photo_2

吹屋べんがら村へ向かう。狭い道を通り、町の外れの吹屋千枚駐車場に車を停める。無料。車がないと来るのが難しい場所のため観光客が少ない。

駐車場のすぐそばの藤森食堂でざるそばを食べるが、周りはみなうどん。後で岡山はうどん県だと知った。

片山家とふるさと村郷土館を見学。

鉱山から採掘した弁柄は、船の防腐剤として塗られたそうだ。この村の家々にも防腐剤として用いられているため、町全体が赤い。

家は、建て増し、建て増しで、儲かると建て増しをしたようで、豪華な大きな建物だ。

採掘の状態を見ると、皆に聞かれると見えて、人体への影響が発生する前に鉱山が廃坑になったとの説明。

あまり観光客相手の店も少なく、また全体にしっとりした昔の面影、雰囲気を残している村で、よく保存されている。ここも国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

今回の街並み観光はここが一番良かった。


Photo_3

そして次は、勝山。
文化センターの駐車場に車を止める。

先に吹屋を見ているせいか、岡山県の街並み保存地区でも、今ひとつの感がする。

武家屋敷館があり、中へ入って見た。まあ普通のお屋敷である。

全て見てもまだ時間的に余裕があったのでお茶タイム。

喫茶店で蒜山高原への途中に椎ノ木御殿(三浦邸)を薦められ行ってみるとお休み。
立派な豪邸で開いていれば無料で見学できた。周りに、紫陽花が咲いていた。


Photo_4

また喫茶店のおばさんのおすすめで、蒜山高原まで高速道路は必要ない。下道で十分とのアドバイス。

下道で休暇村蒜山高原に到着。物凄く気持ちの良い広々とした風景だ。

2017年5月 1日 (月)

駅ハイ 下総神崎

駅からハイクに行って来た。

下総神崎~こうざきふれあい自然遊歩道~道の駅 発酵の里こうざき~利根川サイクリングロード~下総神崎の11.5K
なのはな畑めぐりとなっていたが、時期はやはり少し過ぎていたが、昔懐かしいレンゲ畑が美しかった。

Photo


Photo_2

2017年4月26日 (水)

京成ウォーキングツアー 宮ケ瀬ダム

今月二回目の京成ウォーキングツアー 宮ケ瀬ダム
前回は桜満開。今回は新緑とツツジが見頃だった。

Photo_5


Photo_7


2017年4月25日 (火)

駅ハイ 田町~東京テレポート

駅からハイクに行って来た。
田町~幽霊坂~魚籃坂~泉岳寺~レインボーブリッジ~台場公園~東京テレポート
その後、新橋に用事があり、レインボーブリッジをもう一度渡り、SIO SITEのしおかぜ遊歩道が歩きやすくて面白い。
新橋から茅場町まで歩き。満足満足。

芝桜が咲いていたが、時期が早かった。
台場公園は初めて行ったが、反対側からお台場を見るため、風景が変わり面白い。

Photo_8


Photo_9


2017年4月24日 (月)

今日のイッピン 谷根千

写真を撮りに東京へ行って来た。
根津神社のツツジは少し早かった。
いくつかは咲いているので、アップでは良いのだが、全体を入れると今一つ花が少ない。

帰りに亀戸天神で藤を撮って来た。こちらも少し早かった。

Photo_3

E-M10MKⅡ 1/160s f11 ISO320


2_2

E-M10MKⅡ 1/80s f11 ISO320


Photo_4

E-M10MKⅡ 1/200s f11 ISO1000

«今日のイッピン さくら広場